SAMPLE SITE

ひょっとこ踊り由来と伝統

ひょっとこ踊り

日向市財光寺【五十猛神社】では40歳入厄でひょっとこ踊りを奉納し
厄払いをする伝統が昭和30年から現在まで受け継がれてきています。
由来と伝統
  • 先代五十猛神社(故)壱岐繁晴宮司によって、昭和30年厄年を迎えた男性たちに教えたのが始まりです。
  • 壱岐宮司は日向市塩見地区にある栗尾神社の宮司を兼務しておられ、青年時代に橘公行先生(医師)から踊りを習ったと聞いています。
  • その頃は、「橘踊り」又は「ピーヒョロ踊り」と云われ、現在踊られているような ひょっとこ姿ではなかったようです。
  • 現在の踊りは、塩見神楽の師匠(故)山田八五郎氏と先代宮司の手で神楽からヒントを得て、キツネ、おかめ、ひょっとこ ほうき踊りと神楽の物語風に構成され、特に最後に踊るほうき踊りは、全てを祓い清めるという動作で、手に一杯のチリは「人々の心の曇り」を清らかにするという表現であり、踊りの中でも特別な意味があります。
  • 又、踊りの最初に飛び出すキツネは神様の使者であり、おかめの美しさに魅かれながらも人生の道を違わないように手招きをして導いていきますが、おかめは二度目の力強いキツネの手招きで踊りだし、その後をひょっとこが追いかけるように踊りだす構成になっています。
  • 上記の由来も含めて、厄祓いひょっとこ踊りは、男40歳人生の転換期として最も大切な時期に厄祓いをし、自身を祓い清め過去・現在・未来を清く正しく見つめ直す意味で奉納され、伝統として受け継がれています。
神楽物語で構成 「昔、おかめという大変美しい女性が安産祈願のため稲荷神社でひょう助と言われる男性と参拝している時、神様の使者であるキツネが現れ、おかめ の心の美しさに魅せられ手招きを始めると、不思議な事におかめは踊りだしキツネの後について行ってしまいます。

驚いたひょう助は慌てて止めに入りますが、ひょう助自身も踊りだし、境内に集まっていた人々(ひょっとこ)たちも一緒になってその後を追って踊りだします。

それに気付いたキツネは、最後の一人にほうきを持たせ、踊り荒らした境内に落ちたチリ(心の曇り)を掃除(祓い清め)させ、共に人々の心も清らかにした。」
と伝えられています。
おかめさん
ひょっとこ
ほうき