ひょっとこ家

厄祓いひょっとこ踊り

10月1日から
  • 講師会では、秋の例大祭&財光寺祭りで毎年入厄を迎える男子たちが奉納する伝統の厄祓いひょっとこ踊り(キツネ・おかめ・ひょっとこ・ほうき踊り)を指導しています。
本年度入・中・晴厄
  • 2016年度入厄、平成30年度晴厄 喜愛辰巳会←(リンク有)(きあいたつみかい)
    2017年度入厄、平成30年度中厄 財絆深会(たからきしんかい)
    2018年度入厄、平成30年度入厄 翔馬縁会(しょうまえにしかい)
ひょっとこ通信 [ひょっとこ通信]では、毎年入厄教え子たちが一致団結して、ひょっとこ踊りを習得していく様子を紹介しています。
教え子たちは毎晩五十猛神社 社務所で1ヶ月間ひよっとこ踊りの練習を重ね習得し、11月2日.3日の秋の例大祭&財光寺祭りでひょっとこ踊りを各地区で奉納披露します。
六十数年歴史と伝統を守ってきた入厄教え子達の奮闘記をつづっていますので是非ご覧になってください。
歴史と伝統 歴史と伝統
日向市財光寺地区では40歳の入厄で、ひょっとこ踊りを奉納し厄を祓う伝統が昭和30年から現在まで受け継がれてきています。
毎年、入厄達は秋祭りの二日間、中厄・晴厄先輩たちの手助けを受けながら各区内家々を練歩き、ひょっとこ踊を披露しますが、その家の災いも一緒に祓う意味で踊るため踊り終わった後、入厄教え子たち全員で作って御祓いを受けた御幣(ごへい)を渡します。
このひょっとこ踊りは奉納厄祓いの神事なので、余興などで踊るひょっとこ踊りと違って、肌を出さず、腰を振らず、中腰状態で肩の動きでコミカルな表情を表現しなければならないので基礎体力が必要になります。
教え子たちは1ヶ月間毎晩練習し体力をつけて、初日朝6時から踊り続け翌日の夜9時に五十猛神社境内へ帰り最後の踊りを披露します。
境内で二日二晩踊り切った教え子たちが各班ごとに披露する最後の勇姿は感動(涙)の一言です!是非ご覧になってください。

ひょっとこ踊り教則DVD
ひょっとこ踊り練習用DVD完成!
このDVDはひょっとこ踊りを誰でも踊れるように、キツネ・おかめ・ひょっとこ踊りを各担当講師がテンテコテン♪を口ずさみながら踊り、足の使い方、腕・顔の動かし方を分かりやすく解説しています。
収録から一年以上かかりましたが今までに無かった、ひょっとこ踊りの動作を一つひとつ良く解かるように、足・腕・顔の動作や表情のつけかたをスロー動作も交えて収録しています。
また、最初に飛び出すキツネがおかめを手招きする動作、踊りが終わる時におかめを呼ぶ上がり動作、おかめは足さばき・腰の動きなども収録し、五十猛神社口伝の[ほうき踊り]も特別収録されています。
収録の中には、秋祭りの様子や2014年晴厄七転八起会(しちてんはっきかい)による、キツネ・おかめ・ひょっとこ・ほうき踊りも収録しています。

仕事が忙しくて中々練習時間が取れない方、初めてだけど指導者が近くにいない方、もう一度しっかり基本を覚えたい方にお勧めです。
この教則DVDでひょっとこ踊りを正式に覚えたい方には販売もしています。
お近くの方は五十猛神社でも購入できますが、サンプロ:0982-54-2793でも購入できます。
県外の方にはネットで購入できます。
販売協力店:≫[まるごと宮崎] DVD製作にあたり、サンプロさん 日向市比良町2-11番地のご協力で完成しました。