お客様の立場になって考える地域密着型の整備工場目指してます。


いつもお客様の立場になって考える

地域密着型の整備工場目指してます。

新年度の車体課税の改正について!

政府与党は2013年12月12日、2014年度税制改正大網を発表24日に閣議決定がなされました。
これによると、自動車取得税は消費税8%への引上げと同時に、自家用自動車が現行の5%から3%、営業自動車及び軽自動車は3%から2%にそれぞれ引下げることになります。
また、自動車取得税率10%への引上げと同時(2015年10月予定)に廃止することを改めて明記するとともに「他の車体課税に係る措置と併せて講ずる」とした。自動車取得税に代わり、環境税の創設が示唆されました。
自動車取得税のエコカー減税については、75%と50%の軽減対象をそれぞれ80%、60%の軽減率に拡大させ、消費税3%分の引上げを自動車取得税2%分の引下げでは相殺できない、ユーザーの負担増を調整する形にしました。
4月1日以降に新規検査を受けた車両のうち、環境性能が高く自動車重量税を免除された検査自動車については、最初の継続検査に納付する自動車重量税を免除することになります。

軽自動車税引上げへ!
一方、軽自動車税の税率は、2015年度以降に新規購入する四輪車の場合、自家用乗用車が1.5倍、その他の区分の車両について農業者や中小企業者などの負担を考慮し約1.25倍に引上げることになりました。
したがって、軽自動車税は、自家用乗用車が10.800円に、営業用、農業用は6.900円に変更になります。
径年車に対する課税について!
例えば、軽自動車税では、最初の新規検査から13年経過した四輪者などについて、2016年から約20%の重課を行なうとし、また自動車重量税についても同様に13年径過車に対し、15%程度の課税案を提示しています。
車体 課税 現 行 新税 体系
自動車
取得税
自家用登録
乗用車
取得価格から5% 取得価格から3%
営業自動車
軽自動車
取得価格から3% 取得価格から2%
エコカー減税 75%軽減 80%軽減
50%軽減 60%軽減
自動車税 自動車税グリーン化について、
環境負荷の小さい自動車の
税率軽課と長期仕様者の
税率重課の見直しと2年間延長。
軽自動車税 2015年4月1日から
の新規購入車
自家用乗用車 7.200円
営業乗用車 5.500円
自家用貨物 4.000円
営業貨物 3.000円
三輪 3.100円
自家用乗用車 10.800円
営業乗用車 6.900円
自家用貨物 5.000円
営業貨物 3.800円
三輪 3.900円
最初の新規検査か
ら13年を径過した
四輪車など
自家用乗用車 12.900円
営業乗用車 8.200円
自家用貨物 6.000円
営業貨物 4.500円
三輪 4.600円
重量税 新規検査で自動車
重量税が免除された
検査自動車の初回車検
時の免除
なし あり
最初の新規検査から
13年を径過したもの
(例)
乗用自動車2年
車両重量0.5tごと
10.000円
2014年度~
2015年度
2016年度以降
10.800円 11.400円

閉じる
携帯・スマホからのご予約はこちらから...
シブヤオートのURLがコード化されています。

送信先メールアドレス
@


« ホームへもどる
閉じる
 予 約 受 付
オンライン予約
予約ページへようこそ。
愛車の車検・点検・修理 ・鈑金塗装・オイル交換・その他のご用命を都合の良い日時で予約で出来きるオンライン予約システムです。
このシステムは当社の受付データと同期していますので24時間リアルタイムで以下のサービスに対応しています。

1. 日時の確認
2. 予約をする
3. 予約の変更
4. 予約のキャンセル
5. 自動送信メール[予約確認]
 初めての方へ
初めての方は、「予約をとる」をクリックして下さい。
 ご利用の方へ
ご利用者様は、「予約を取る」をクリックして下さい。
>
 簡単見積り
お見積もりは、「ココ」をクリックして下さい。
 おみくじ
今日がGood Dayでありますように...「お札を引く
※ 予約以外の方の入場はご遠慮ください。

« ホームへもどる